弊社の方針

循環型社会を実現するために

人類は著しい経済の発展により豊かな暮らしを手にすることができましたが、その一方で環境の破壊が進み、私たちの未来が脅かされているという共通の認識をもつに至りました。
私たちが希望のある未来を手にするためには「生産」→「消費」→「廃棄」という一方通行の経済活動から、「生産」→「消費」→「リサイクル」という循環型社会への移行が必要です。
私たちは、産業廃棄物処分場として、循環型社会を構築していくために積極的に3R運動の提案、実践に努めて参ります。


また、当社は家屋の解体事業も行っており、更に下請けも出しているため、自社での解体は勿論、下請け業者に対する徹底した分別解体の実施を強く要望し、協力いただいとります。

 

 

3R運動

REUSE  リユース        再利用できるものは再利用できるようにする

  • 古物商許可
  • 場内施設の大半を再生材、再利用品で構成

まだまだ使えるのに捨ててしまうのはもったいない。

当社の事務所内の一部です。

写真は全てリユースしたものです。


もったいない精神をフルに発揮しております。

 

REDUCE  リデュース        廃棄物発生量を縮減する

  • 分別を徹底させることにより最終処分量を大幅に縮減

RECYCLE リサイクル        廃棄物を再生し、新たに資源として利用できるようにする

  • 再生砕石製造・販売
  • 木材チップ製造・販売
  • 基盤類リサイクル原料供給
  • 金属類リサイクル原料供給
  • 廃プラスチック類リサイクル原料供給

 

環境を守る

弊社は産業廃棄物処分場です。産業廃棄物処分場が環境汚染源であってはなりません。

当社には、環境保護の観点からさまざまな規制があります。廃掃法、大気汚染防止法、水質汚濁防止法、ダイオキシン類対策措置法、森林開発(森林法)、消防法、県及び町条例 等 定期的な測定と監視を実行しています。 また、当社の ISO 14001 の監視活動として定期的に実施状況を評価し、必要に応じて是正し、環境保護に努めています。

 

受入品の徹底監視

責任を持った受入管理を行うことにより、安定型処分場に適合しない廃棄物の搬入を防止しています。

時には厳しい判断をせざるを得ない場合もありますが、環境保護の観点からご理解いただきますようお願いいたします。


ダイオキシン対応焼却炉

新法対応の焼却炉を使用しております。クリーンな排気を維持しています。

 

 

 

新エネルギーへの取り組み

  • 事務所の補助電源としてソーラーパネルを採用
  • サーマルリサイクル材の提供

 

 

地域に貢献する

 地域の一員としての意識の高揚のため、クリーンアップなどのボランティア運動にも積極的に参加しております。
 

 

リサイクル事業の拡大と埋立地の延命

弊社は、コンクリート、アスファルトの破砕施設を設置後、秋田県では第一号の木くずのリサイクル施設を設置し、さらには施設の増設等によりリサイクル率の大幅な向上を図ってきました。

また、廃プラスチックや金属くず、基盤類についても素材ごとに分類し、リサイクルを容易にすることで資源の枯渇防止に大きく貢献し、更には、埋立最終処分量の減量化による埋立地の延命を図っております。