受入できないもの

一般廃棄物

当社は羽後町地域の事業系一般廃棄物(品目が限定的です)について処理の許可を取得していますが、他の市町村の事業系一般廃棄物は受け入れできません。

ただし、羽後町との事前協議により受入可能となる場合があります。 

 

産業廃棄物で受入できない物

当社で許可を受けている品目でも、全て受入が可能とは限りません。

たとえば、

  * 木くずに有害物質が付着又は注入しているもの。

  * 木くずに油類が付着又は浸透しているもの。

  * 木くずにリサイクル、焼却できない品目が付着し、分別不可能もの。

  * 紙くず及び繊維くずに油類が付着若しくは浸透しているもの。


理由として、木くず、紙くず、繊維くずは単体では処理可能でも有害物、油類など処理できない物が分別不可能な状態で混入しているためです。

 

安定型埋立について

当社の埋立は、安定型の最終処分場です。

埋立できる品目は、受入できる品目のページの通りです。

つまりは、将来にわたって変化しない物、埋立する段階で安定しているもの、といった具合に限られた品目になっています。

したがって、木くず、紙くず、繊維くずは絶対に埋立してはならない品目になります。

更に、埋立品目に該当していても次の場合は埋立できません。

  * 液体の入ったプラスチック容器、金属容器。

  * 肥料、農薬が入ったプラスチック容器(袋)、金属容器。

  * 油類が付着している廃プラスチック類、金属類。

  * 木くず、紙くず、繊維くずが付着しているもの。

  * 悪意により、生ごみ等を農業用ビニールで包み込んだもの。

 

その他

  * 廃石膏ボード

  * 飛散性石綿(アスベスト)

 

その他にも、たとえば、ある製造工場から排出されたガラスくず(レンズなど)のように、製造工程で有機溶剤を使って洗浄し、付着している、又はガラスを入れた容器内に有機溶剤が残っている状態のもの。

 

このように、安定型埋立は非常に難しい処分場です。埋立前に展開検査をし、不純物が混入しないように管理しなければなりません。この管理を怠ると結果的に周辺の水質汚染につながってしまいます。

厳しいと感じられると思いますが、周辺の環境保護のためご協力をお願いします。

 

なお、廃棄物には様々な発生工程があり、国内のすべての業種を把握できるものではありません。したがって、廃棄物を搬入された場合に、廃棄物の性状、発生工程をお伺いする場合があります。