秋田県 産業廃棄物税条例

産業廃棄物税の概要

目的 産業廃棄物の発生抑制、減量化、リサイクルやその他適正な処理を
推進するため。
納める人 産業廃棄物の排出事業者(中間処理業者を含む)です。
納める額 最終処分場に搬入される産業廃棄物の重量1トンにつき1,000円です。
申告と納税 最終処分業者が、排出事業者または中間処理業者から税を受け取り、
毎月分を翌月末までに申告納入します。
税の使途

環境に優しい企業の育成支援、リサイクル技術の研究開発支援、

環境保全意識の喚起などの環境施策に活用します。

実施時期 平成16年1月1日から実施されています。

 

これに伴い、当社には特別徴収義務が発生します。排出事業者の皆様からお預かりした税金は、責任を持って管理事務所へ支払います。


税適用
最終処分(埋立)される廃棄物
中間処理(焼却)される廃棄物
(木くず、紙くず、繊維くず)
 
リサイクルされる廃棄物  
埋立、焼却処理ごとに計量が
不可能な廃棄物(混載)

 

 

中間処理について

中間処理(焼却)される廃棄物に関しては、お客様が当社に搬入された時点では課税対象になりません。しかしながら、当社が中間処理後の残渣(焼却灰)を最終処分場に搬入した場合には、課税対象となります。従いまして、排出事業者の皆様にはコスト負担としてご協力賜ることとなります。金額は、当社実測データに基づいた換算率を用いて算出致します。

概ね、搬入量の10%にかかる産廃税が処分料金に含まれた料金となっています。

(たとえば、1000kgに対して10%の100kg(100円)が処分料金に含まれています)

 

 

収集カゴについて

当社収集カゴは、不燃物単品および混載のものをすべて計量し、(処理料金)+(重量に対する産廃税)が加算されます。可燃物単品については、上で述べた中間処理の取り扱いと同様になります。
また、カゴの現場搬出は排出事業者と運搬者双方立会いでお願い致します。

 

ご清算について

お支払いは、原則として現金払いとさせて頂きます。ご協力お願い致します。

ただし、収集カゴご利用の場合に限り、内容確認をさせていただいた後に御精算いただくことになります。