人は人でありたい

震災から間もなく8か月です。テレビもラジオも震災の報道が少なくなり、震災は遠い過去の出来事といった感覚になってしまうのでないかと心配しています。

早いもので8か月になりました、というのか、まだ8か月しか経っていないというべきか。

被災者とそうでない人との温度差がますます広がっているのではないかと思われてなりません。

「いつまでも被災者の顔を・・・・・・」といった言葉がちらりと聞こえてきました。温度差そのものではないですか。

家族を亡くし、住む家も失ってしまった被災者が多くいます。それこそ「いつまでも被災者ではない」、そんな環境を取り戻せることを願ってやみません。

人は人でありたい、人の心の痛みがわからない人がこの日本にもいたんですね。

被災者の元気と笑顔に逆にほっとさせられています。