今度は大槌町へ。

昨日は大槌町へ行ってきました。平地部分の家屋はほとんど無くなっていました。そして、防波堤と見られるコンクリート製の擁壁?が細切れにされたように周辺に散乱していました。防波堤の高さ、厚さから改めて津波の威力を見せつけられました。

?ふれあいセンターの時計が地震が来て電気が止まったと思われる時間に、大槌町役場の時計はおそらく津波が押し寄せたと思われる時間に止まったままでした。時計は止まっているのに当日の時間の流れと出来事が手に取るように感じ取れました。

帰り際、復興食堂で食事をしました。安いし味もいい、そして何よりもみんな元気がいい、「いつまでも何もやらない状態ではいられない」そんな思いなんでしょう。

なぜか、またも被災地の人たちに元気を貰ってきました。

「あなたたちは生き残ったのではないですよ、生きるべくして生きているんですよ」これからの大槌町のために頑張ってください。

と、口には出せないけれど、そんなことを思いながら大槌町役場の前に献花して帰路につきました。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Katharine Jeanbaptiste (金曜日, 03 2月 2017 10:21)


    Cool blog! Is your theme custom made or did you download it from somewhere? A theme like yours with a few simple adjustements would really make my blog stand out. Please let me know where you got your theme. Thanks a lot

  • #2

    Evan Hafer (金曜日, 03 2月 2017 13:21)


    In fact no matter if someone doesn't be aware of then its up to other visitors that they will help, so here it takes place.