ここ数年、どうなっているのでしょうか。

9月も今日が最終日です。暑い夏が終わり、いつの間にか長袖に手を通している季節になってしまいました。周辺の山々に目を向けると、あれ? 赤いのがちらりほろり、草木の種類によっては紅葉が始まっているんですね。本格的な紅葉は10月の末から11月の上旬なんですが。

「あれは木の実じゃないですか」などと言われましたが、確かにそれもそうかなーーと思いつつうるしの木はいち早く赤くなるそうですから。すぐ赤くなる恥ずかしがり屋の私のようです????????。(気持ち悪いと言われました。)

 

ここ数年、日本列島は自然災害に見舞われています。地震、台風、竜巻、大雨、土砂崩、噴火、そして大雪、春夏秋冬それぞれに自然災害があります。最近よく耳にするのが [かつて経験したことがない・・・] でした。そういえばゲリラ豪雨だって以前はこんな経験はなかったのではないかと思います。あっという間に浸水ですから。

 

胸を痛めるのは、どんな災害でも必ず犠牲者がいるということです。それも、小さな子供さんが多いことに更に胸を痛めてしまいます。為すすべもなく命が奪われてしまう大自然の猛威にどうやって対抗したらよいのでしょうか。

 

私たちは自然を守ろう、自然を大切に、と、頑張っています。だから、自然も人の命を守ってください。と言いたくもなります。

 

「かつて経験したことがない・・・」がこの先(未来)何度か言われることがあるとすれば、じゃあーどれほどの被害が出るのだろうか。

 

ここ数年、どうなっているのでしょうか?