冬の祭り

雪国ならではの祭りが各地で行われています。

何十年、何百年と定着した郷土色豊かなお祭りです。それぞれの郷土で生まれたこと、育ったことに感謝をし、そして、その郷土の発展を祈願したお祭りです。(私はそう思っています)

それぞれに特徴のあるお祭りが小さいころから体に染みついているがために、社会(県外)に出た若者にとって故郷になるんですね。(お祭りだけではないと思いますが、あえて)


では、被災地ではどうでしょう。

あらためて言うまでもありませんが、未だ故郷に帰れない人たちが大勢います。生まれ育った故郷が本人の人生の第一歩、原点になるはずなんですが・・・、いたたまれない気持ちが湧き上がってきます。


でも、そんな故郷を復活させようと皆精一杯頑張っている姿を見かけます。

近々また被災地を訪れる予定ですが、今度はもう少し南を目指したいと思います。


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    エスちゃん (土曜日, 07 3月 2015 12:58)

    こんにちは!久しぶりにホームページを見に来てみました。
    震災から4年になりますね…。
    いつかは原点を築き上げて、その地でお祭りが開かれるようになる様にと願っています。
    ”もう少し南”へは、もう行って来られたのですか?